OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > サポート > ライセンス認証 > TOP

ライセンス認証とは

当社では、一部のソフトウェアに、不正コピーを防止し、正規にソフトウェア(ライセンス)を購入されたユーザー様の権利を擁護するため、ライセンス認証(アクティベーション)システムを導入しています。また、ライセンス認証においては、正規ユーザー様へ及ぼす影響を最小限に抑え、且つ短時間で行うことができるよう配慮していきます。


概要

ライセンス認証(アクティベーション)とは、ソフトウェアが正規のライセンス数に応じた台数のコンピュータにインストールされていることを確認する目的で、ソフトウェアの認証キーとソフトウェアがインストールされたコンピュータの情報を取得するものです。 ライセンス認証手続きは、インターネットを通じて入力された認証キーと、コンピュータのハードウェア情報から生成される固有の情報を暗号化し、当社のオンライン認証サーバーへ送信されます。その際に、ハードウェア情報以外の個人情報(氏名、住所、電話番号など)が送信されることはありません。また、ライセンス認証によってソフトウェアの利便性が損なわれることはありません。

ライセンス認証 概要図

ライセンス認証の仕組み

ライセンス認証はインストール時または初回起動時にライセンス認証を促す画面が表示されます。コンピュータがインターネットに接続されている場合は、表示される手順に従って、ライセンス認証を実施してください。

ライセンス認証は初回起動時から14日以内に必ず行ってください。14日間が過ぎた場合、ライセンス認証をせずに商品を使用することができなくなります。

また、コンピュータがインターネットに接続されていない場合は、インターネットに接続された別のコンピュータを利用して、代理認証を実施することが可能です。
代理認証の方法については、こちらをご参照ください。
ライセンス認証 猶予期間

ライセンス認証の解除

ライセンス認証済みの「商品プログラム」は使用可能なライセンス数以上のパソコンにインストールして使用することはできません(1ライセンス1台まで)。使用するパソコンを変更したい場合は、現在使用しているパソコンの認証解除を行い、新しく使用したいパソコンで再度認証をし直す必要があります。

ハードウェアの入れ替えなど、商品を再インストールする場合には、使用していたライセンス認証済み商品のアクティベーション解除が必要です。解除後は別のパソコンで再認証が可能になります。

>>アクティベーション解除方法

ライセンス認証 解除 再認証 入れ替え