メディアドライブ製品を活用されて実際のビジネスに役立ているユーザー様をご紹介しております。



HOME > 導入事例 > 株式会社電脳様

導入事例:株式会社電脳様

株式会社電脳様では、建設現場の労働災害を低減すための心理学的アプローチから捉えた自己判定システム「現場力シリーズ」を開発されています。「現場力シリーズ」では、1.安全力、2.健全力の2つの判定システムで構成され、それぞれのチェックシートのデータエントリーに当社「FormOCR」をご採用いただいています。


システム概要

自己判定システム「現場力シリーズ」では、ユーザーの心理・行動特性を得る方法として、「チェックシート」を用いて実施。ユーザーから回収された「チェックシート」を独自の判定システムへデータエントリー、情報分析を実施することで、判定結果を作成しています。この一連の業務において、データエントリー処理に当社「FormOCR」を活用することで、データエントリーの効率化を図り、チェックシートの回収から判定結果提供までの時間短縮を実現しています。

1.チェックシート配布・回収
2.データエントリー
3.データ分析
4.判定結果提供

OCR 判定分析 システム概要図

導入までの背景

株式会社電脳様が提供する「現場力シリーズ」の帳票(チェックシート)は、70の質問に対する回答に加えて、アンケート記入欄など設定項目数が多い帳票のため、回収された帳票のデータエントリー業務の効率化の点で悩まれていました。そこで、既に他業務のシステムにて当社OCR製品の導入実績があることから、本システムにおいてもデータエントリーの効率化を図るため、「FormOCR」の導入検討をされました。
今システムへの求められる要件として、データエントリー担当者の確認・修正作業の効率化が最大の目的であったことから、認識精度の高さと修正画面の使いやすさが求められていました。既に他業務のシステムにて、当社OCR製品をご利用いただいていることから、認識精度の高さや訂正・検索画面の機能も簡単に操作できるといった点が再評価され、システム導入を決定されました。
OCR 手書き 高精度認識 操作性 UI

導入後の効果

誰でも使えるわかりやすい操作とユーザーインターフェースで、短期間で操作方法を習得され、実運用への移行がスピーディーに完了されました。 運用においては、クセ文字等も的確に認識できる精度の高さと、確認・修正画面の視認性の良さにより、入力ミスの軽減が図られ、戻り作業が少なくなり、業務効率化を実現されました。 また、ご担当者の方だけでなく、システム担当者の方からは、OCR専用機と異なり、市販されているドキュメントスキャナーや複合機が使用できることで、ハードウェアの選定においての自由度が高く、選択肢が広がったことによるコスト削減を実現されました。
OCR 業務効率化 設備コストダウン

サンプル帳票

「現場力シリーズ」判定チェックシート例

OCR チェックシート サンプル帳票

心理行動特性判定システム「現場力シリーズ」



「現場力シリーズ」は、建設現場の労働災害を低減するための、心理学的アプローチから捉えた自己判定システムとなります。「1.安全力」「2.健全力」の2つの判定システムより、ヒューマンエラーの解決を目指します。



1.安全力・・・安全を意識し、実践していく力。リスクを見つけ、排除する力を判定します。
「安全力」には、遵法精神・安全遵守という力と危険予知力・危険回避力という力の2つの力が必要です。しかし、どちらもその程度が問われます。たどえば、安全第一主義を優先しすぎると、前に進めなくなります。ミスを恐れすぎると判断の遅れが生じ、結果的にエラーに結びつきかねません。このように「安全力」には心理・社会的要因が関連しています。本判定システムでは性格的側面と社会的側面の2方向から質問項目を設定しています。



2.健全力・・・健康維持を実践していく力。ストレスに対処する力を判定します。
身体的健康を保つことは何よりも必要ですが、同様に精神的な健康を保持することも種々のエラーを防止するために極めて重要です。そこで本判定システムでは、この2つの側面から個人の「健全力」を判定します。なお、ここでいう身体的健康とは健康診断などでの生理身体的チェックから診断するものではなく、日常生活を支障なく過ごすことのできる一般的な健康を意味します。また精神的健康はストレスから生じる不安や緊張、うつなどが中心となります。

製品情報はこちら
(株式会社電脳様製品紹介ページ)

導入法人プロフィール

株式会社電脳

東京都港区虎ノ門3-10-11 虎ノ門PFビル
http://www.dennoo.co.jp/