名刺管理

名刺管理に悩んでいませんか?

名刺を会社でデジタル管理するメリットは、「素早く検索できる」「社内で共有する」「名刺データリストを活用する」の3つです。エヌジェーケーの名刺管理プロダクトは、この3つを素早く簡単に実現することができます。

では、どのような名刺管理方法を選択すれば良いのでしょうか。
名刺管理の方法は、会社の規模・運用・予算によって様々です。
エヌジェーケーの名刺管理プロダクトは、お客様に合わせた名刺管理製品をご用意しております。

エヌジェーケーの名刺管理だからできること

高セキュリティの名刺管理クラウド

Salesforce連携対応
法人向け名刺管理クラウドサービス

THE 名刺管理 Business

  • 対応プラットフォーム:Force.com
  • 対応ブラウザ:Salesforce Lightning Experienceに準拠
  • Salesforceに名刺登録・管理機能を追加(Salesforceライセンスが無くても利用可能です)
  • 高精度なOCRを標準搭載、名刺登録後は即時確認可能
  • OCRでの登録は無料、有料の入力サービスでクリーンデータ化も選択可能
  • スマートフォンのカメラ、会社の複合機、ドキュメントスキャナで名刺登録可能
  • スマートフォンやPCで名刺の共有が可能、名寄せ機能も搭載
  • 名刺に関連した活動は、参加メンバーで共有されスケジュールに表示。スケジュールはSalesforce標準から拡張され、個人月表示と部門共有表示の週表示をサポート
  • ▼Salesforceライセンスをお持ちのお客様
    名刺データの入力工数を低減、フェア・セミナーで集めた名刺を素早く登録
    登録した名刺データは、取引先、取引先責任者、リードに転送可能

名刺管理製品比較表

名刺管理導入をご検討のお客様向け

名刺管理のタイプを比較しながらお客様に最適な名刺管理をご選択ください。

横スクロールでご覧いただけます。

  パッケージ クラウド オンプレミス
製品名
製品の特長と共有イメージ

店頭でソフトを購入し、PCやスマートフォンにインストールして使用します。少人数での運用におすすめです。

サービス利用料を支払うことで、すぐに利用開始できます。名刺管理をクラウド業者にお任せできます。

自社でサーバー機器を用意して、名刺管理ソフトを導入。運用管理やセキュリティ設定も自社で行えます。

【比較ポイント1】名刺共有する人数
  パッケージ クラウド オンプレミス
共有規模 PC 1台~ 50~1,000ユーザー 10~3,000ユーザー
管理できる名刺枚数 1データベース最大:30,000件
管理可能データベース数最大:99個
1ユーザーあたり最大:約10,000件 上限なし
ライセンス ライセンスは移動可能 利用中のライセンス追加可能 ご相談ください
選択ポイント ライセンスの組み合わせが自由
PC台数が増えても1台分から追加可能
ユーザー数:50~
(基本50ユーザー、以降5ユーザー単位で追加可能)
ユーザー数
10・20・30・50・100~
【比較ポイント2】費用
  パッケージ クラウド オンプレミス
価格 1ライセンス:定価7,800円+税
5ライセンス:定価30,000円+税
10ライセンス:定価55,000円+税

※ライセンスは使用するPCの台数
※10ライセンス以上の価格設定有り
50ユーザー:定価年額30,000円+税
追加5ユーザー:定価年額3,000円+税

※ライセンスは使用するユーザーの人数
10ユーザー:定価200,000円+税
20ユーザー:定価400,000円+税
30ユーザー:定価600,000円+税
50ユーザー:定価800,000円+税
100ユーザー:定価1,400,000円+税

※別途年間保守/オプション有り
支払い 製品買い切り 導入費用・年間利用料 導入費用・年間保守費用
メリット
  • ランニングコスト無し
  • 安価に利用開始できる
  • ライセンス追加は必要分追加購入
  • 利用料の継続支払いのみ(年額払い)
  • すぐに利用開始できる
  • -
選択ポイント PCの台数分ライセンスが必要です
費用はPCの台数で決まります
ユーザー数分ライセンスが必要です
共有したい人数で決まります
ユーザー数分ライセンスが必要です
共有したい人数で決まります
【比較ポイント3】共有方式
名刺のデータを管理する場所が社内か社外かで異なります
  パッケージ クラウド オンプレミス
名刺の保存場所 社内
各端末/自社共有ファイルサーバー
社外
外部(Salesforce)クラウドサーバー
社内
自社運用サーバー(WEB/DB)
運用管理者の有無 各個人(名刺所有者) 必要 必要
共有ネットワーク 社内LAN(VPN不可) インターネット回線 自社設定
名刺データ管理 自社内・各個人管理 社外:エヌジェーケー管理 自社内管理
メリット
  • 物理的共有で分かりやすい
  • 共有ファイルサーバーにデータを置くだけ
  • 名刺データベースにパスワード設定可能
  • Salesforce Sales Cloudと連携
  • ユーザーごとに閲覧権限の設定可能
選択ポイント データをPC/スマホ端末に持てる インターネット回線必須 社外では要インターネット回線
【比較ポイント4】利用ケース
  パッケージ クラウド オンプレミス
名刺登録 各PCから 各PC/スマホから PC端末/スマホ/複合機から
検索・閲覧 各PC/スマホ 各PC/スマホ WEBブラウザ
対応言語 日・英・中・韓 日・英 日・英・中・韓
データ活用 CSV(Excel)出力可能 CSV(Excel)出力可能 CSV(Excel)出力可能
名刺スキャン機器 ドキュメントスキャナ・複合機利用可能 ドキュメントスキャナ・複合機利用可能 ドキュメントスキャナ・複合機利用可能
名寄せ機能 同一人物検索機能 名寄せ機能あり 名寄せ機能あり
カスタマイズ 不可 不可 対応
選択ポイント
  • まずは手軽に名刺管理を試したい
  • PCでの低コスト運用(最初の購入費のみ)
  • 一人または数人で管理できる小規模運用
  • 自社システムの名刺エントリーで使う
  • 秘書が名刺登録して、上司が検索・閲覧する
  • 月額でのサービス利用ができない
  • 個人情報をクラウド業者に預けられない
  • 社内で名刺共有
  • 通信無しでスマートフォン利用
  • 名刺を送るとデータを作成するサービス(有償)
  • 人の手による完全データチェック(有償・要クラウド)
  • クラウドと連携し、クラウドのメリットも得られる
  • 高セキュリティのクラウドで利用したい
  • Salesforceに名刺管理を追加したい
  • 無償トライアルでの試用が可能
  • すぐに名刺管理を試したい
  • PCは無くスマートフォンだけの運用
  • 社外(外出先)で名刺共有
  • 数名(初期50~)から共有できる小~大規模運用
  • 人の手による完全データチェック(有償)
  • 離れた拠点間での名刺共有
  • 利用ユーザー数の追加が可能
  • 名寄せ機能
  • 着信通知機能
  • 名刺以外の情報追加機能
  • 個人情報の管理を厳重に管理したい
  • 全社運用など中~大規模運用向け
  • 名刺は全て会社管理
  • 利用者への権限設定
  • 利用ポリシーを自社で管理したい
  • 社内・社外共有は自由
  • 自社でクラウド運用するイメージ
  • ネットワークやサーバー構築ができる
  • 個人PCへのインストールやクラウドは利用できない
  • ブラウザでの検索閲覧利用
  • ケータイ電話・スマホでの利用(有償)
  • 複合機からの名刺登録(有償)
  • 人の手による完全データチェック(有償)
お客様のご要望にあった名刺管理のタイプは見つかりましたでしょうか?各製品の詳しい情報はこちらからご覧ください。
 
パッケージ
クラウド
オンプレミス
 

名刺管理の開発ツールを導入されたい開発者様向け

顧客情報入力支援サービスなどの
開発におすすめ!

開発用ライブラリ

名刺認識ライブラリ
500,000円~(税別)
  • Windows/linux対応
  • 日・英・中・韓対応

名刺画像を認識・項目別に振り分けし返します。

フェア・セミナーなどでのiPadを使った
アンケート収集や、
営業マンの
見込み客情報入力支援におすすめ!

URLスキーム連携対応アプリ

名刺認識 Mobile for ipad
価格はお問い合わせください
  • iPad対応
  • 日・英対応

他のアプリから呼び出して名刺を撮影・認識し項目別に認識結果をアプリに返します。

名刺管理のキホン

名刺管理とは?

名刺を電子化する作業が素早く・簡単に自動化された事によって、使用頻度の高い名刺を持ち歩いたり、50音順のインデックスから名刺を探して電話をかけたり、名刺を見ながらExcelに手入力するが、名刺がたまってしまいすぐに活用できないといった時代は終了しました。

現在は「名刺情報をどう売上アップに活用するか」だけを考えれば良い時代です。
名刺管理ツールを使用する事で、名刺情報を最大限活用しましょう。

 

名刺管理で実現できること

名刺デジタル管理の基本は「素早く検索できる」「社内で共有する」「名刺データリストを活用する」の3つです。

  • 訪問先受付で部署名が出てこないことがありませんか?名刺情報はいつでも・どこでも素早く確認できる事が重要です。
  • 部署内や全社で顧客・取引先情報を共有するだけでなく、名刺データの入力者と閲覧者の役割分担も共有機能の重要なポイントです。
  • フェア・セミナーで集めた名刺から、メールやDMでのアプローチはスピード勝負です。名刺の素早いデータリスト化が非常に重要となります。

 

エヌジェーケーの名刺管理製品の特長

  • 名刺以外の情報追加
     名刺には日付や案件情報が付加することで、他のメンバーと情報が共有できます。

  • 名刺画像も同時に管理
     相手のイメージやメモなど、名刺の画像を同時の管理します。

  • 人の手による完全データチェック
     名刺データを完全にし、メール配信や住所の印刷に利用できます。

  • ソフトのOCR(文字認識)で済ます低コスト運用の選択
     名刺検索のみが主体の場合、氏名・社名のチェックのみで済ます超低コストでの運用も可能です。

  • CSV/Excel出力機能
     名刺情報はリスト化され、顧客システムやSFA、連絡先(アドレス帳)、宛名印刷ソフトでの活用が可能です。

  • 名刺画像取り込み機器の対応
     会社の複合機から、高速なドキュメントスキャナやカメラなど、名刺画像取得方法に対応しています。

  • パッケージからクラウド・オンプレミスに移行可能
     規模や運用の変更に対応が可能です。また、「パッケージとクラウド」や「パッケージとオンプレミス」の組み合わせでの利用も可能です。

 

選べる名刺管理ツール

パッケージ

PCにインストールするWindows用名刺管理ソフトです。
個人~小規模運用に最適ですが、1万ライセンスの導入実績もあります。
PCにインストールするため、管理はソフトの利用者がおこないます。
名刺のデータは、自分のPC内の他に、アクセスできる別のPCやファイルサーバーに置くことができ、そのデータを自分のPCのソフトに登録することで、共有が可能です。
スマートフォンアプリに名刺データを転送(Wi-Fi/USB経由)することで、社外で名刺の検索が可能です。

名刺管理ソフト/システムを導入するに
あたってよくある質問

名刺管理ソフト/システムを導入するまでにかかる期間は?
【パッケージ】商品を購入し、Windows PCにインストールする事で、すぐに利用開始できます。
【クラウド】WEBサイトでサービスの登録・ログインし、有償のチケットコードを入力します。利用メンバーを登録すればすぐに共有開始できます。
【オンプレミス】まずはサーバーを用意します。製品をインストールし、利用メンバーを登録すれば共有開始できます。導入はご相談下さい。

多数導入実績、あらゆる業種のお客様に
ご利用いただいています。

お客さまの声

【パッケージ】
名刺データベースは共有サーバーに置いて社長と秘書で共有しています。
名刺データは共有サーバーにパスワードをつけて置いています。これによりノートPCの紛失による個人情報の漏えいの心配も無くなりました。

社名
株式会社AIT様
事業内容
「IBMプレミアパートナー」認定ソリューション・プロバイダー

【パッケージ】
訪問した際は、必ずコメントを入力するようにしました。打合せ・作業実施後の履歴を取っておくことで、次回、お客様と打合せする際の大切なデータベース(お客様カルテ)になります。

社名
小杉造園株式会社様
事業内容
庭の手入れ・造園工事を幅広く手がける造園業

【クラウド】
海外出張する15名の営業担当者が、現地でお客様の電話番号やメールアドレスなどをスマートフォンで確認するために使っています。出張先で急な訪問が決まっても訪問先の担当者のフルネームがわからないということは無くなりました。

社名
株式会社 サカタのタネ様
事業内容
種子・苗木・球根・農園芸用品の生産および販売

【クラウド】
全員がタブレットを持ち歩いており、取引先の情報を見ながら電話をかけるといった使い方をしています。
営業が持っているお客様の名刺データをエクスポートし会社ごとにデータ分析してみたとろ開拓できていない部署や訪問できていない部署がわかりました。

社名
株式会社プロスキャリア様
事業内容
人材派遣