メディアドライブ 技術解説

「私たちは幅広い技術領域に積極果敢に挑みます。」

メディアドライブ 技術解説

メディアドライブの開発する最先端OCR技術をご紹介します。

新しい認識技術:AI OCR

AI OCRとは、手書きの書類や帳票の読み取りを行い、データ化するOCRへAI技術を活用する新たなOCR処理をいいます。AI OCRは、AI(人工知能)の研究開発が加速する中、特に深層学習(Deep Learning)の成果を活用して文字認識精度やレイアウト解析(認識範囲の特定)精度の向上を図り、汎用性を高めることで活用範囲が拡大しています。また、RPAとの親和性も高く、OCRで紙書類/帳票を自動的に読み取り、認識結果をRPAで活用(業務システムへのデータ入力など)することで、様々な分野での業務改善を実現できます。
 

AI OCRを利用することで、手書き文字の認識精度が向上します。癖字、達筆、個性的な文字も高精度に認識することが可能となります。

 

 

 

AI OCRを利用することで、従来、精度向上が難しいとされた「文字や行の接触」「かすれ文字」などの認識精度が劇的に改善し、地紋領域に書かれた文字(文字の背景に地紋や情景画像があるケース)、罫線にかかる文字、取り消し線なども高精度に認識できるように進化しました。

AI OCRで改善したポイント図


新しい認識技術:不定型帳票認識認識

「不定型帳票認識技術」とは、従来の定型帳票(行・列数/位置/大きさなどが一致する帳票)の認識技術では実現できなかった『不定型帳票(枠の数・位置・大きさなどが一致しない帳票)』に対応し、『財務諸表・源泉徴収票・レセプト・健康診断結果表』など同一種でレイアウトが異なる活字帳票の混在認識を実現します。

新しい認識技術 不定型帳票認識技術


新しい認識技術:自由手書き文字認識

従来の文字枠を必要とした手書き文字認識から、文字枠の無いフリーピッチで記入された自由手書き文字認識を実現します。

新しい認識技術 自由手書き文字認識


新しい認識技術:レイアウトの論理構造解析技術

電子書籍に求められるXML構造化をOCRで実現します。世界標準仕様「EPUB3.0」作成を強力にサポート。

新しい認識技術 レイアウトの論理構造解析技術


新しい認識技術:OCRクラウドサービス

OCRクラウドサービスは、モバイルアプリにOCR機能を簡単に搭載できます。端末側への認識エンジンの実装が不要で、より軽快で高機能なアプリケーション開発が可能です。また、クラウドサービスプロバイダ向けにLinuxベースのライブラリ提供も可能です。

新しい認識技術 OCRクラウドサービス


新しい認識技術:動線抽出

監視カメラを活用し、店舗や道路、駐車場等において、人の動きやクルマの動き(動線)を把握できる動線抽出技術を提供します。本技術は、監視カメラの映像から、参照方向パターンを定義し、それにマッチした動きを検出することで、人やクルマの位置や状況を解析し、店舗や道路、駐車場等における人やクルマの行動を「見える化」することが可能です。

新しい認識技術 動線抽出


虫瞰視点ロボット:ゴローン

「ゴローン」は、空からの情報を収集するドローンに対して、地上での詳細な情報(映像、音響、温度、湿度、風力、雨量、他)の収集を主な用途とする、簡易設置できて、移動(地上、低空)も可能なIoT端末です。
「ゴローン」は、会津大学 ロボット技術開発支援事業によるロボット開発による研究成果です。当社メディアドライブは、会津大学 ロボット技術開発支援事業に参加しています。

ゴローン コンセプト

 



CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。