データベースの容量が大きくなってきたので小さくしたい(圧縮したい)。

データベースの容量が大きくなってきたので小さくしたい(圧縮したい)。
最終更新: 2020/10/16 18:39 このQ&Aを印刷する

データベースの容量が大きくなってきたので小さくしたい(圧縮したい)。

名刺画像ファイルを圧縮し、データベース全体のサイズを小さくすることができます。

※以下の図はサンプルです。実際の名刺画像ファイル名・ファイル形式は異なります。
圧縮    

名刺画像の圧縮には以下2つの方法があります。 
【データ登録後に画像を圧縮する】
1. レコード内容の確認をして、「確認済み」欄にチェックを付けます。
圧縮済み
2. 「名刺認識」メニューの「確認済みレコードの画像圧縮」を選択してください。
3. 確認メッセージが表示されたら「はい」とします。
4. 画像圧縮が完了します。
※「確認済み」にチェックをつけたデータのみ画像圧縮されます。

【データ登録と同時に画像を圧縮する】
1. 「ツール」メニューの「環境設定」を選択します。
「環境設定」パネルが表示されます。
2. 「認識・登録」の「登録」を開きます。
3. 「登録時に名刺画像を圧縮する」にチェックを付けて「OK」とします。 4. 通常どおりに、スキャナから読み込みや登録をおこなってください。 画像が圧縮された状態で登録されます。

※ご注意・ヒント…
・名刺画像圧縮後は、シンクロ表示や再認識、候補文字機能などの画像を元にした修正ができなくなり、レコード情報の「認識全結果」タブのデータが削除されるのでご注意ください。
また、画像を圧縮すると、「確認済み」チェックボックスはグレーになり、チェックが付けられなくなります。

【バックアップファイルを削除する】
自動バックアップを行った場合、データベースフォルダ内にバックアップファイルが保存されています。このバックアップファイルをUSBメモリやCDなどにコピーし、データベースフォルダから削除すると、データベースフォルダ内の容量が小さくなる場合があります。

●参考:起動時に自動バックアップを行った場合のバックアップファイル作成場所
サポートセンター
法人の方はこちら
個人の方はこちら
CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。
フォームからのお問い合わせ