誤って「データベース登録の解除」を実行し、データベースを削除してしまいました。これを復旧することは可能ですか?

誤って「データベース登録の解除」を実行し、データベースを削除してしまいました。これを復旧することは可能ですか?
最終更新: 2020/10/16 18:39 このQ&Aを印刷する

誤って「データベース登録の解除」を実行し、データベースを削除してしまいました。これを復旧することは可能ですか?

「データベース登録の解除」機能では直接データが削除されることはありません。 その場合、エクスプローラ等からデータベースの保存場所を確認のうえ、以下の作業をお願いします。

1. やさしく名刺ファイリングPROを起動します。
2. 「データベース」メニュー→「データベース登録を追加」を選択します。
3. 「データベースの追加」ダイアログが表示されるので、「ファイルの場所」にデータベース保存先 フォルダを指定します。
(デフォルトでは、(マイ)ドキュメント→「MediaDrive」→「やさしく名刺ファイリング PRO User Data」フォルダ内 となります)
4. フォルダ内のデータベースファイル(「(データベース名).ec12」)を指定します。
データベース解除の復旧

5. 「開く」ボタンをクリックするとデータベースが登録されます。データの表示を確認してください。
  ※データベースの保存先が不明な場合は、下記手順をお試し下さい。

【 データベースの登録履歴から登録 】
1. 「データベース」メニュー→「データベースを探す」を選択します。
2. まずは「登録履歴から登録」タブをご覧下さい。ここに今まで使用していたデータベース名があれば選択し、「登録」ボタンをクリックします。
データベース解除の復旧

3. データベースが登録されたことを確認してください。

【データベースファイルを検索して登録】
1. 「データベース」メニュー→「データベースを探す」を選択します。
2. 「検索して登録」タブを開きます。
3. 「検索場所」に、データベースを保存していたと思われる場所を指定します。
(分からない場合には「C:¥」のままにしてください)
4. 「検索開始」ボタンをクリックします。データベースが見つかれば、ウインドウ下部にデータベース名が表示されるので、選択して「登録」ボタンをクリックします。
データベースが見つからなかった場合には、「検索場所」を変更し、再度、検索をお試し下さい。
データベース解除の復旧

5. データベースが登録されたことを確認してください。  

サポートセンター
法人の方はこちら
個人の方はこちら
CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。
フォームからのお問い合わせ