名刺登録時にエラーや強制終了となる

名刺登録時にエラーや強制終了となる
最終更新: 2020/10/26 18:37 このQ&Aを印刷する

名刺登録時にエラーや強制終了となる

以下の対策をお試しください。

・ 「ヘルプ」メニュー→「自動アップデート」を選択し、最新のバージョンでない場合はアップデートします。その後、操作をお試しください。

・ 別の名刺でどうか、お試しください。別の名刺は問題なく登録できた場合には、文字データのみ手動でご登録いただくか、カスタマサポートまでお問い合わせください。

・ 別の名刺も登録できない場合には、サンプル名刺を登録してどうかお試しください。
サンプル名刺も登録できない場合には以下に問題がないかご確認ください。

 ・データベース保存先フォルダに制限をかけていないか(「(マイ)ドキュメント」に制限をかけていないか)ご確認ください。

<サンプル名刺の登録方法>
「名刺認識」メニュー→「ファイルから自動登録」→「画像ファイルを開く」ダイアログにて「やさしく名刺ファイリング PRO」のインストール先フォルダ内の「 サンプル 」フォルダを開きます。その中の「Sample1.jpg」を選択して「開く」ボタンをクリックします。

・ データベースファイルの一部が破損してしまったため、正常に動作していない可能性があります。以下の方法でデータベースを修復し、操作をお試しください。
1. 「やさしく名刺ファイリング」 を起動してデータベースを開きます。
2. 「データベース」メニュー→「バックアップ」→「全てのレコード」を選択します。「バックアップファイルの 作成」ダイアログが表示されます。
3. 保存する場所やファイル名を設定し、「保存」ボタンをクリックします。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
4. バックアップファイル("ファイル名".ymfbk14)が保存されます。
(以下は「営業2課.ymfbk14」で作成した例です。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
5. 「データベース」メニュー→「復元」を選択します。
6. 「データベース復元」ダイアログが表示されます。ここでは、「新規データベースを作成して復元」ボタンをクリックします。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
7. 「データベースの新規作成」ダイアログが表示されます。「ファイル名」欄に、わかりやすいデータベース名を入力し、「保存」としてください。
※下記は「営業2グループ」と入力した例です。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
8. 続けて「開く」ダイアログが表示されます。
「手順4」で保存したバックアップファイル(ymfbk12ファイル)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
9. バックアップしたデータが復元されます。 このデータベースに登録してどうかお試しください。

・ 設定ファイルをクリアする
1. この対策を実行すると、データベースのリンクが解除され、やさしく名刺ファイリング上から表示されなくなります(削除はされません)。以下方法にて、必ずデータベースの保存場所を確認しておいてください。
【データベースの保存場所を知りたい】
2. 「やさしく名刺ファイリング」が起動していましたら、終了してください。
3. ドキュメント」内にある「MediaDrive」フォルダを開きます。
4. 「やさしく名刺ファイリング PRO User Data」フォルダを開きます。
5. 「_AppData_」フォルダの名前を変更します。(例:「_AppData_123」)
※「_AppData_」フォルダは隠しフォルダです。このフォルダが表示されない場合には「エクスプローラ」を開き、「表示」タブの「隠しファイル」にチェックをつけてください。
名刺登録時にエラーや強制終了となる
6. 「やさしく名刺ファイリング 」を起動します。
データベース登録が解除されているので、「データベース」メニューから「データベース登録を追加」を開き、手順1で確認したデータベース保存先にある【~.ec12】ファイルを選択し、「開く」からデータベースを再登録してください。その後、操作をお試しください。 

・ 設定ファイルの初期化
下記の手順にて、設定ファイルの初期化をお試し下さい。
1. デスクトップ上の「やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0」フォルダ→「サポート」フォルダ→「設定の初期化」を選択します。 ※フォルダを削除している場合には「エクスプローラ」から「やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0」のインストール先フォルダを開き(初期状態の場合はCドライブの「Program Files (x86)」→「ymfp15」フォルダ)内→「Startmenu」フォルダ→「やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0」→「サポート」→「設定の初期化」を選択します。
2. 「やさしく名刺ファイリング PRO 設定初期化プログラム」ダイアログが表示されます。「初期化」ボタンをクリックしてください。  
名刺登録時にエラーや強制終了となる
3. 「設定を初期化しました」メッセージが表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。
4. パソコンを再起動します。
5. 「やさしく名刺ファイリング 」の起動をお試し下さい。

・ 「やさしく名刺ファイリング 」の再インストール
上記全てをお試し頂いても同様の場合は「やさしく名刺ファイリング 」の再インストールをお試しください。
1. この対策を実行すると、データベースのリンクが解除され、やさしく名刺ファイリング上から表示されなくなります(削除はされません)。以下方法にて、必ずデータベースの保存場所を確認しておいてください。
【データベースの保存場所を知りたい】
2. 「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」から「やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0」をアンインストールします。
3. 「やさしく名刺ファイリング」のインストール先フォルダを右クリックし、「削除」します。初期状態の場合はCドライブの「Program Files (x86)」→「ymfp15」 フォルダとなります。 ※このフォルダ内にデータを保存している場合には退避しておいてください。
4. ウイルスチェックソフトや常駐起動しているソフトは可能な限り停止します。
※停止方法は各ソフトのマニュアルなどをご確認ください。
5. やさしく名刺ファイリングを再インストールします。
完了したら、パソコンを再起動します。
6. 「やさしく名刺ファイリング 」を起動します。自動アップデートのダイアログが表示されたら、アップデータを実行し、最新の状態に更新してください。
7. 設定を初期化したため、データベースのリンクが解除されています。
「データベース」メニューから「データベース登録の追加」を開き、手順1で確認したデータベース保存先にある【~.ec12】ファイルを選択し、「開く」から登録し直してください。
8. やさしく名刺ファイリングを再起動してご確認ください。

サポートセンター
法人の方はこちら
個人の方はこちら
CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。
フォームからのお問い合わせ